ネットワークビジネスに向いているのはこんな人です

teinengo-mlm-muiteiruhito

ネットワークビジネスに向いている人を説明する前に・・・いきなりですが質問です。

  • 自分のやっている仕事が好きで完全に楽しんでいますか?
  • 仕事によって成長していますか?
  • 仕事はあなたの望むだけの収入を与えてくれますか?
  • 自分のやっていることを誇りに思いますか?
  • あなたの仕事は他人の生活を向上させることができますか?

どれかにいいえがあるとしたら、あなたは自分にとって正しい生計手段を選べてないのかもしれません。

ネットワークビジネスに向いていない人はいません

職種の適性テストなどをすると「あなたに向いているのは、このような職種です」と判定が出ます。

  • 事務系などが向いています。
  • 流れ作業が向いています。
  • 管理する職業に向いています。
  • などなど・・・

と、あなたに合った職種を教えてくれます。

しかし・・・合うというだけであってやりたいかどうかは別ではないですか?

やりたくはないけど、生活のために仕事に就くには自分に向いている職種を選択しなければ・・・

など自分の感情を無視して働いている方は多いのではないでしょうか。

このようなことが仕事の不満へと繋がっていきます。

しかし適性が「ない」職種であれば誰でも選ぶことができるので、やりたい人ができる・やりたくないけどやっているような人はいないという職種になるハズです。

このような「向いていない人はいない」というのがネットワークビジネスです。

あえて向いている人を挙げるなら・・・普通の人です。

MLM・ネットワークビジネスに向いているのが「普通の人」な理由

ネットワークビジネスは「流通を作り出す職種」と表現できます。

  • 流通とは・・・商品が生産者から消費者に渡ること。
  • 流通を作り出すとは・・・商品が生産者から消費者に渡るルートを作って消費を発生させること。

消費が発生すれば報酬を得ることができるのがネットワークビジネス。

そして消費を多く発生させるためにルートを作っていくのがネットワークビジネスの活動です。

では・・・世の中で一番多く消費するのはどんな人か分かりますか?

正解は普通の人です。

普通の人には「普通の人が何に不満があって何に困っているのか?」などの気持ちが分かります。

気持ちが分かれば何を求めているのか?というのが分かるので多くのルートが作りやすいのです。

なのでMLM・ネットワークビジネスは普通の人が向いているのです。

自分には何も特徴がなくて周りと同じ事しか思い付かないつまらない奴だ・・・と思っている方はMLM・ネットワークビジネスに最も向いています。

定年後の収入源として私が活動しているMLMに興味を持たれたときは・・・

このサイトは特定のネットワークビジネスを推奨しているわけではありませんのでご自身の判断で選択肢の1つとして私が活動しているMLMネットワークビジネスに興味があるという方は別途資料を請求してください。

別途資料をご希望の方はこちら

↓↓↓

jinseinotenki