定年後の生活費

teinengo-seikatuhi

定年後の生活費というのは誰もが不安に思っている事です。しかも現代はかなり深刻です。。。

定年後は「生活費の悩み」が始まるとき

定年後は「やりたいことをやって優雅に暮らす」というものが以前のイメージでした。

多くの退職金と十分に支給される年金があり、それは可能でした。

しかし現代では誰もが一度は定年後の生活費を考えなくてはならない状況に変わってしまいました。

  • はたして退職金はあるのだろうか?
  • 年金で余裕のある暮らしはできるのだろうか?
  • 定年退職して仕事をしなくてもいいのだろうか?

定年とは、このようなイメージになってしまったのです。

定年後の生活費はどれくらい?

平成26年に総務省が実施した家計調査によると、60~69歳(二人以上世帯)での平均1ヶ月の家計支出の平均は295,955円という結果が出ています。

kakei

出典:総務省(家計調査年報(家計収支編)平成26年(2014年) 家計の概況)

人それぞれ生活のスタイルが違いますので、これがそのままご自身の定年後の生活費とはなりませんが参考に
はなると思います。

この調査を見る限りでは、貯金や退職金を切り崩すことなく・ほんの少し遊びながら暮らすには30万円ほどの年金が必要になりそうですね。

生活費が年金でまかなえない期間は何かで補充するしかない

現在の年金支給年齢は65歳ですので、定年退職の年齢が60歳であれば5年間は空白の期間があります。

この部分は何かで補充しなければなりません。

30万円×12ヶ月×5年で1800万円

どうですか?退職金と貯蓄で補充できそうでしょうか?

この時点で足りないという方は定年後すぐに仕事を見つける必要があります。

足りるという方も65歳から支給される年金が30万円に満たない場合、早めに仕事を見つけて65歳からの生活費の足らない部分を補充できるぐらいの貯蓄をしておく必要があります。

生活するために多くの人が定年後も働いている

周りを見回してみると60歳以上で働いている方というのは本当に多いですね。

定年後も同じ職場にパートで残っていたり公共施設に臨時職員として働いていたり。コンビニでアルバイトしている方や警備員として働いている方も大勢います。

はたしてこの方達は好きで定年後も働いているのでしょうか?

中には働くことが好きで定年後も働いている方もいるでしょう。

しかし生活費のために働いているという方のほうが多いはずです。

定年後にも収入源というものは絶対に必要です。

実は本当にリタイアできる方というのは・・・別の収入源がある方だけなんです。

定年後の収入源として私が活動しているMLMに興味を持たれたときは・・・

このサイトは特定のネットワークビジネスを推奨しているわけではありませんのでご自身の判断で選択肢の1つとして私が活動しているMLMネットワークビジネスに興味があるという方は別途資料を請求してください。

別途資料をご希望の方はこちら

↓↓↓

j人脈なしから成功するネットワークビジネス