収入が蓄積した契約によって決まる収入源

teinengo-tikuseki

収入が蓄積した契約によって決まる収入源と聞いて意味がわかるでしょうか?

なんだかややこしそうですが・・・保険販売などが代表的なものです。

契約を蓄積できれば徐々に収入源は大きくなっていく

保険などは、

  • お客は・・・お金を払い続けていなければいざという時にサービスを受けることができない。
  • 保険の販売側は・・・お金を払い続けてくれている限り成果が発生し続ける。
  • その結果・・・一つの契約が続いている限り収入の流れは途切れない。

という仕組みになっています。

この種類は契約=収入の流れですので、契約を集めることができれば安定した収入源になります。

しかし、メリットもあればデメリットもあります。

安定した収入を確保できるかわりに蓄積するには時間がかかる

同じ金額でも物を売るのと継続する契約をするのとでは難易度がまったく違います。

夏に5万円のエアコンを売るのは簡単ですが、怪我をしたときの補償として毎月5万円の契約をとるのはかなり困難です。

5万円の契約ということは年間60万円と計算できてしまうので簡単には契約まで至りません。

契約するためにはそれだけの価値がある契約だということを相手に納得してもらう必要がありますのである程度の時間を必要としてしまいます。

ケアをおこたると解約が発生する

納得して契約しても金額分のメリットを感じられなくなると顧客は解約という判断をします。

そうならないように定期的にケアをして解約防止に努める必要があります。

契約数が多くなると解約防止と新規契約の二つの活動になるのでかなりの行動量が必要になってきます。

蓄積型の収入源を確保する場合は活動の方向性を決める

成果が発生し続けるような契約を蓄積させるにはいくつかのポイントを確認して、活動の方向性を決める必要があります。

  • スキルが必要だということを認識できているか?
  • ある程度の収入源になるまでに時間がかかるということが認識できているか?
  • 収入源がいま必要なのか?数年後に必要なのか?

ということを確認できたら、

  • じっくりコツコツする。
  • 時間と集中力を注いで一気にする!

という方向性を決めなければ全く収入の流れをつかめないまま時間が過ぎていくことになります。

定年後の収入源として私が活動しているMLMに興味を持たれたときは・・・

このサイトは特定のネットワークビジネスを推奨しているわけではありませんのでご自身の判断で選択肢の1つとして私が活動しているMLMネットワークビジネスに興味があるという方は別途資料を請求してください。

別途資料をご希望の方はこちら

↓↓↓

jinseinotenki