宇佐美貴史(うさみ たかし )さんってどんな人?

2018年ロシアワールドカップサッカー日本代表の宇佐美貴史さんってどんな人なんでしょうか?

僕の感想も含めてご紹介します。

宇佐美貴史さんのプロフィール

 

生年月日・ポジション・身長・体重

生年月日は1992年5月6日の25歳(2018/4/7現在)
(ワールドカップ開催時は26歳)

ポジションはミッドフィールダーです。

 

身長は178cm・体重は70kg

意外と大きい!!!ほんとに意外です!

これは僕の偏見なんですが早くてテクニックのある選手はあまり背が高くないってイメージなんですよね。

テレビで見てても大きく感じないんで、178cmだって知ってびっくりしました。

 

宇佐美貴史さんの特徴ってあの決定力な高さ。なんだか簡単そうにゴールしちゃいますよね!

 

出身地

出身地は京都府長岡京市

京都といえば京都サンガがあるサッカーが盛んな地域です。

というか関西圏ってプロチームがたくさんあってどこの地域もサッカーが盛り上がってますね!

 

出身学校

小学校は長岡京市立神足小学校で中学校は長岡京市立長岡中学校。高校は私立向陽台高校に進学しています。

 

5歳から地元の長岡京サッカースポーツ少年団(長岡京SS)に所属し、小さい頃から天才少年と有名だったようです。

小学校1年生の時は4年生のチームで、小学校2年生の頃は5年生のチームでプレーしてたほどです!

4年生から6年生までの3年間で600得点するなど、恐るべき少年時代ですね!!!

 

中学生になると学校での部活ではなくガンバ大阪ジュニアユースへ加入しU-13日本ユース選抜に選ばれるほどに。

MBC国際ユース大会決勝では5人抜きドリブルを見せるなど大活躍する。

高円宮杯ユース選手権では大会得点王となる10得点を挙げる活躍でガンバ大阪ジュニアユースの初優勝に貢献する。

3年生になるとガンバ大阪ユースへ飛び級で昇格。中学3年生ながら高校年代のユースでレギュラーに!

日本クラブユースサッカー選手権優勝にも大きく貢献する。

高校1年生になると背番号10を背負い、Jユースカップ優勝の原動力になる。

宇佐美貴史さんの学生時代の活躍は、もう~数えたらキリがないですね…

ガンバ大阪下部組織の「史上最高傑作」っていわれてたらしいんですけど、そりゃ~コレだけ活躍すればそういわれるはずです。

 

Jリーグでの成績

高校2年生になるとガンバ大阪のトップに昇格するんですが、これはクラブ史上初の快挙だったそうです。

17歳と14日で公式戦デビューを果たし、ガンバ大阪の最年少デビュー記録を更新

と華々しいデビューを飾ったんですが、シーズン通して控えメンバーにすらほとんど入ることができず結局4試合のみの出場にとどまってしまいました。

そりゃあのガンバ大阪ですもん。アジアクラブ選手権(現AFCチャンピオンズリーグ)を制覇していたような常勝軍団で試合に出るのは簡単じゃありませんよね。

っていうか宇佐美貴史さん、この時まだ高校2年生ですから!

 

高校3年生になると徐々に出場機会にも恵まれるようになって7ゴールを叩き出す。これは高校生Jリーガーのシーズン最多得点

すっげ!!!

 

高校を卒業してからはさらに成長して、背番号11となりガンバ大阪の中心選手になったんです。

その活躍が認められ日本代表に選出。高校卒業してすぐ日本代表ってマジすごいですね!!!

 

2011年7月バイエルン・ミュンヘンへ期限付き移籍。

 

海外での成績

バイエルン・ミュンヘンへ移籍したのちTSG1899ホッフェンハイムへ移籍。

その後Jリーグ(ガンバ大阪)へ復帰したのちFCアウクスブルクへ移籍。さらにその後フォルトゥナ・デュッセルドルフへ移籍。

 

鳴り物入りで加入したバイエルン・ミュンヘンだったんですが名門の壁は厚かったようで、シーズン通してわずか5試合のみの出場にとどまり1年での退団が決定。

翌年の2012年に加入したTSG1899ホッフェンハイムでも活躍できず1年で退団。

この時は「彼に海外は合わない」って思ってましたね。

だってガンバ大阪の時はあんなに活躍できるのに…あそこまで試合に出られないのはプレー以外で問題があるとしかかんがえられなかったですもん。

だから「早く日本に帰ってくればいいのにな」って思ってたら…ほんとに帰ってきました!

 

ガンバ大阪に帰ってきた宇佐美貴史さんは大爆発。1試合4得点するなど大暴れで復活をアピール。

その後2016年に海外に再挑戦するまではリーグ優勝や国内三冠達成、ゼロックススーパーカップなど大活躍する。

ね?言ったでしょ!宇佐美貴史さんは日本が合ってんだって!

 

と思ったらまた海外に行っちゃいました。この時は失礼ながらも「やめときゃいいのに」って思ってましたね~マジで!

するとFCアウクスブルクに移籍した宇佐美貴史さんは…活躍できませんでした。

 

ほらね!なんて失礼なこと思ってたら、次はフォルトゥナ・デュッセルドルフに移籍するというじゃないですか!

こりゃ完全に負のループにはまってる感じがしましたし、実際、移籍直後はいつものパターンでした。

 

でも、です!今回は違いましたね~

原口選手が加入してからは本来の宇佐美貴史さんの実力を発揮しはじめています。ついに覚醒しました!

 

フォルトゥナ・デュッセルドルフで好調を維持したままはロシアワールドカップ入ってますのでかなり期待できますよ!!!