日本代表が強くなるためには日本流が必要なんじゃない?

どうも、ヨキヒトです。

なんか最近の日本代表って…見てて面白くないって感じません?そう思ってるのは僕だけじゃないと思うんですけど。

海外流がイイのは分かるけど応援してても燃えないんですよね。つまり…弱いってことです。

日本の代表チームなんだから日本流でもいいんじゃないかって思ったんで、ちょっと勝手に個人的意見を書いてみます。

 

助け合うチームをめざす

いまのサッカー日本代表を見てると「個」の部分ばかりが強調されてて、そこが弱いから勝てないみたいに言われてるけど…

結局は試合で勝てるときって、みんなが連動できてるときなんですよね。

連動っていったらカッコイイけど、もっとわかりやすくいうと助け合えてるってこと。

フォワードでいえばツートップの相方のためにスペースを作る動きをしたり、外から入ってきてポストプレーをして外に出ていってあがってくるハーフのためのスペースを空けたり。

ハーフも同じで、出たり入ったりを繰り返して相手をひきつけながらスペースを空ける動きをしたりとか。

こういう「動いて味方にスペースを作ってあげる」っていうことができている時の日本って強いんですよね。

なのに、そういう献身的な動きをすることなく、ただ自分がボールをもらう動きだけするから潰されちゃう…

特に海外組にその傾向が強いって思うんです。

自分が所属してる海外のチームでは献身的な動きができてるのになんで代表の時は止まってんの?ってね。

だから日本代表が弱いし、応援にも熱くなれないんです。

もっと献身的に走るべき

日本代表の試合を見てて「面白くないな~」って思うときって、たいていスローペースなときなんです。

中盤にボールが入ったときに、ボールをもらった選手がゆっくりドリブルしながらパスをだすルートを探してる…

フォワードにボールが入ったときに、自分のひらめきで局面を打開しようと考えながらゆっくりドリブルしてる…

こういうときって、たいがい前にだす所がなくて後ろにボールを返しちゃってるんですよね。

こうなると攻撃にリズムがなくなって、ただボールを前に運んでるだけになっちゃいます。

相手のディフェンスもしっかりマークについてて、クロスを入れてもはねかえされちゃう…

ただでさえ体格差があるのにがっつり守られてたら、そりゃ点も入らないし面白くないですよ。

 

日本がアジア最強っていわれてたときは今みたいに海外でプレーする選手っていませんでした。(かなり昔だけど…)

でも強かったのはワンタッチかツータッチでボールをはたいてたからです。

ボールをもらったらはたいて動く。またボールをもらうために動きながら入ってきてワンタッチでボールをはたく。

こうやって動き続けながら相手をおびき出してたからスペースも生まれてたし点も取れたんですよ!

いまより絶対に個人の能力は低かったはずなんですけど、チームとしてはめっちゃ強かった。

全員が勝つために献身的に走ってた!
だから僕らも応援に熱が入ってた!

個人の能力で局面を打開するのはもちろん大事。でもそれと献身的に走らないのは違うと思う。

決定的なパスをだす能力やドリブルで相手を抜く能力がもてはやされるけど、メッシだってロナウドだってガチガチに守られてたらそうそう突破できない。

彼らが輝けるのも、周りが献身的に動きながらボールをまわし続けてスペースを作っているからです。

それを日本代表の選手達は忘れてるんじゃないかな。

個人の能力がいまより低かったのにアジア最強といわれた時代のサッカーを、能力が高くなった今の選手がやったらきっと強いのにって思います。

日本流のサッカーとは

やっぱり、なんだかんだいっても日本のサッカーって献身的に走るサッカーなんだと思います。

ただ単に縦にボールをだして走たり、相手ボール取る為に延々と走りまわるってんじゃないですよ。「献身的」にまわりの選手のために走るんです。

そして常にカバーしあう。

これができたらもっと強くなると思うし、見てても面白いし応援したくなるんじゃないかな。

 

けどちょっと…

いまの日本代表って、なんだか部活での1年・2年・3年みたいな「上級生になにもいえない」的な空気が漂ってますよね(苦)

あれ良くないと思います。

高校の部活的な感じじゃなく、勝つためにフラットな関係で一致団結することが必要ですね。

 

勝手に僕の個人的な意見でした(笑)